業務案内

キャプションライター(字幕速記者)養成講座


下北沢で、キャプションライター講座を開講いたします

 株式会社澤速記事務所ではテレビ字幕を制作するキャプションライターを養成する講座を新しく開講いたします。
 テレビ字幕は、聴覚障害者や耳の不自由な高齢者への情報提供はもちろん、病院のロビーや飲食店など、音を出せない環境でも活用されています。
 また、今後の高齢化社会とデジタル機器の発達で、テレビ字幕に対するニーズは更に高まります。
 キャプションライターは今後も需要が拡大する職業です。 講座を修了した方は正社員として字幕作成のお仕事をしていただきます。

キャプションライターとは

 話し言葉を文字(字幕)表示する職業のことです。
 この講座で約2年間をかけて、電子速記を習得します。
 修了後、さらに社内訓練を経て、プロのキャプションライターへと育成されていきます。
 初歩から育成をしますので予備知識等の必要はありません。
 言葉や表現に興味を持っている方、障がい者の役に立ちたいと思っている方にはとてもふさわしい分野の仕事です。
 どうぞ気軽にお問合せください。

電子速記とは

 電子速記とは、速記タイプという特殊なキーボードによって話される言葉を高速入力し、その打ち込まれた速記符号をパソコンで文字化する速記システムのことを言います。
 1分間に400文字の高速入力が可能で、人の会話をリアルタイムに文字化することができます。
 裁判所速記官の間では、1996年頃から取り入れられています。
 キャプションライターとして活躍するには、公益財団法人日本速記協会速記技能検定1級(1分間320字の速さ・10分朗読を98%の正確さで文字化)合格レベルの力が必要です。約2年かけて基本符号を覚え、さまざまな「略語」符号をマスターし、入力スピードを徐々に上げていきます。

キャプションライター講座募集内容

1.受講日時
週4回(月・火・木・金) 9:30~12:00(祝祭日は休講)
2.場所
当社内
3.講座内容
・電子速記技術-公益社団法人日本速記協会主催速記技能検定1級合格を目指す。
・文章表記及び文書作成能力
4.養成期間
2年(練習時間等により個人差があります)
5.募集人員
数名程度
6.募集期間
2020年4月~2020年9月
7.応募方法
お電話・メール等でご連絡ください。資料をお送りいたします。
8.試験
簡単な一般常識テスト及び面接を実施。
9.授業料
月額20,000円(税別)
10.入学金
なし
11.教材
電子速記研究会制作テキスト及び当社補充教材・実費として修了までに1万円程度が必要。
12.講師
元裁判所速記官

page top